豆腐のパワーはいかほど?

豆腐の出身地 : 中国

用途→精進料理

1782年 天明2年 江戸時代から一般庶民に普及し、大人気のアイドルに♪


その驚くべき優れた栄養素は長寿の素とされています。

大豆に含まれるレシチン
脳の尻叩き役であり、記憶力をつけてくれるお母さん。

と、子供達である(違っ!)

カルシウム・カリウム・亜鉛・鉄

などのミネラル・ビタミンB1・B2・E をバランス良く抱え込み


・・・それらを筆頭に、


高脂血症を予防する“不飽和脂肪酸”部隊

リノール酸・リノレン酸


隊長とその部下って所?(面白くない


ここ、大事です

『消化吸収率100%!!』

とても大事です

しつこく言うけど大事です。(うるさい



胃腸病の人、幼児、乳幼児、高齢者にはもう最高の栄養補給品。


アボカドといい勝負ですね♪


『中を寛くし、気を益し、脾胃を和し、血を清め、熱を散ずる』

by本草綱目より参照


要約すると・・・

胃腸を動きやすく、気力を高め、血液を浄化、発熱を抑える。

これは脳卒中や打撲傷に豆腐を使った民間療法を指しています。




豆腐は体を冷やす食品です。

とーっても暑い夏には最適♪

トマトと同様ですね。



冷える食品なので、トマトの時と同様。

冷え性の方は湯豆腐、お味噌汁、麻婆豆腐、焼いたり煮たりして食べると良いそうです。


陰性食品を陽性(体を温める)食品に変化させる事で、健康への力付けしているといえます。



いかがでしたか?

何気なく毎日食べる食品には、隠された力が宿っていますね(^^)

少しずつ紹介していこうと思います(^^)


今日はとても暑い・・・
水分補給を忘れずに!


今日も健康に過ごしましょうね☆(ノ´∀`*)
[PR]

by minamikaze-sinkyu | 2014-06-30 09:45 | けんこう