“間違ってなかった”・・・と思えた日

BOTA先輩とご一緒させていただいた次の日


月曜日


ある施設にいつもの時間、訪問。

その方のご病気は

『レビー小体認知症』

治療としてのお付き合いも、三年位になる気がします。

先月、5月の末から治療法を変えて計6回目

変化が出てきました。



1つ目・・・会話

意思疏通が難しく、会話が成り立たなくなっていた

yes or no の回答がスムーズに



2つ目・・・スタッフさんから

幻覚、幻視で言葉に真実味が無かった為、トイレ等も見て確認する事が多かった

患者さんから訴えてくる言葉に、真実味が出てきた
いつも通り確認したらちゃんと出来てた事が多くなった



三つ目・・・ご家族から

『先生がいらっしゃる度に、毎回治療方法が違うのかその度に先生にお訪ねしてましたが

◯◯(患者さんの名前)が針の刺激に慣れて、マンネリ化しないための工夫だったんですね。

1つ1つの症状に丁寧に治療していただき、感謝しております。』


・・・とのお言葉をいただきました。

嬉しい事です。

感謝ばかりです。


会社のスタッフからは理解されず

『変な治療をするな』

と言われ続けてきたけれど


“間違ってなかった”

そう思えた日でした。


さ、また頑張ろう(*´ω`*)
[PR]

by minamikaze-sinkyu | 2014-06-17 12:06 | 日常